気になる病気の自己診断 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの 盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 病状を改善する栄養素
2012年8月の主な天文現象と自由研究の方法

2012年8月12日21時ペルセウス座流星群が極大になります。
流星群の極大とは、流星が最も多く観られる時です。
ペルセウス座流星群はペルセウス座の見える方向から流れてくるように見えます。
流星が流れてくる方向を放射点と呼びます。
流星群では、多くの流星が放射点から降りそそいでくるように見えます。
そのペルセウス座は21時過ぎに北東から昇ってきます。
流星の観測観望に邪魔な月は、13日0時40分頃に東北東から昇ってきます。
月齢24.5ですが、流星から比べたら非常に明るい−10等なので、月が出る前が観測観望の適した時間帯です。
ただ、この時間帯は放射点の高度が低いので、繁華街や住宅地では街の灯が邪魔になりますから、 観測観望には出来れば東方向の地平線上が暗い所でよいです。

しかし、流星群は彗星が残した塵の中を地球が通るために起こる現象なので、 放射点方向でなくても見えますから、放射点方向が明るければ天頂付近を注視しましょう。

流星の観測では、流星が流れてきた方向、その時刻、見えていた時間、明るさや色などを記録します。
時刻の記録は非常に難しいです。
時計を見ていたのでは流星を見失うので、ボイスレコーダーを使うのが簡単です。
ボイスレコーダーを録音状態にしたまま空を見、流星を発見したら 「あいうえおあいうえお・・・・」と流星が消えるまで「あいうえお」を声に出して言います。
前もって1秒間で「あいうえお」を言えるように練習しておくと、たとえば、 「あいうえおあい」とボイスレコーダーに記録されていれば、1.4秒間見えていたと判ります。
時刻が自動的に記録されるボイスレコーダーならその時刻も判ります。
時刻が記録されないボイスレコーダーやパソコンに録音ソフトをつけたもの、MP3プレイヤーなどの録音機能を使うときは、 録音の開始時刻を記録しておいて、全ての観測が終わってからそこからの経過時間を開始時刻に足せば時刻が簡単に判明します。

流星が流れてきた方向は、観測者の目で見える星の位置をあらかじめ紙にスケッチしておきます。

今月12日21時ペルセウス座流星群が極大になります。
14日2時40分過ぎには、金星食が始まります。
月の光っている部分の下から金星が隠れ、3時30分頃に欠けている部分から出ます。
15日18時7分 金星が西方最大離角(45.8度)
金星が東北東から昇るのは1時45分頃
16日21時4分 水星が西方最大離角(18.7度)
水星が東北東から昇るのは3時40分頃
16日は齢27.6の月の直ぐ左側を探索すれば見られるかも
17日17時43分火星と土星が3度弱まで接近
火星と土星は20時45分頃西の地平線に没してしまうので、観望は日没直後から





プライバシーポリシー