気になる病気の自己診断 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 病状を改善する栄養素

ホーム > 個人事業の税と経理

簿記:仕訳とは(仕訳の基本)

取引が発生する度にそれを仕訳ておくのが原則ですが、仕訳は何のためにするのでしょうか?
仕訳は、賃借対照表(ビーエス:B/S Balance-Sheet)と、損益計算書(ピーエル:P/L Profit and Loss Statement)を作成するためにします。
そして、賃借対照表や損益計算書は、税金の申告、資金を借りる、経営を改善するときに使われます。

仕訳の基本は非常に簡単です。
先ず、左側に「借方」がきます。
そして、借方は取引によって増加するものを記入します。
右側には「貸方」がきます。
貸方には取引によって減少するものを記入します。

「借方」「貸方」の意味を考えると戸惑うので記号だと考えておきましょう。
この用語は銀行の帳簿から来ているといわれています。

実際に記入するときには、取引によって現れる「勘定科目」が「資産」「負債」「資本」「費用」「収益」のいずれに属するか判別します。
次に、取引によって増えるか減るかで借方か貸方を決めます。

どちらか一方しか判らないときは、他方は必ず判っているものの逆になるので両方を判別する必要はありません。
要するに容易に判別できる方を利用すればよいのです。
その例として、次に説明する「費用の発生」があります。

必ず、借方になるグループは
資産の増加、負債の減少、資本の減少、費用の発生

必ず、貸方になるグループは
資産の減少、負債の増加、資本の増加、収益の発生

資産の増加が借方になるのは判りやすいです。
資産の減少は増加の逆なので貸方になります。

負債の減少が借方になる理由は負債が減れば資産が増加するからです。
負債の減少が借方になれば逆の負債の増加は貸方になります。
資産と負債は逆の性質を持つものなので資産とは逆になります。

資本の減少が借方になる理由は、資本は返さなくてもよい資金ですが、会社内部の誰かが出している資金なので負債と同じです。
資本は内部負債と呼ばれます、

費用の発生が借り方になる理由は判りづらいです。
費用が発生すると支払うために現金が減ります。
ということは、現金が貸方になるので、その原因である費用の発生は借方になります。