身近な自然と科学

⇒ ホーム(他の記事) 犬の病気診断

犬フィラリア症の症状・発症原因・治療法・予防法・確定診断法

犬フィラリア症の症状

  • 感染からフィラリアが成虫になる6ヶ月ぐらいは無症状、その後、肺がうっ血してくるために咳をし始めます。
    その後、運動を嫌がるようになり、食欲があっても体重が減少、皮膚の痒みや脱毛などの皮膚病症状が現れます。
    更に病気が進行すると、少しの運動でも息切れを起こすようになります。
  • 通常フィラリア症は慢性で、ここまで悪化するには数年掛かりますが、 心臓の右心室から肺動脈にかけて寄生しているフィラリアの成虫が右心房や大静脈に移動すると、 病状が急激に悪化し、突然、元気が無くなり、呼吸困難や黄疸症状が出てきます(急性フィラリア症)
  • 急性フィラリア症に罹ると、赤褐色(血色)の尿が出るようになります。
  • 心臓の奇形(心室と心房が小さい孔で繋がっている)を持っている犬の場合には、 フィラリアが右心から左心に入り込み、それが動脈に乗って下半身の抹消血管を詰まらせることがあります。(奇異性塞栓症)
    このために、後ろ足の血流が悪くなり、足を引き摺るようになり、酷いときは立てなくなります。
  • 犬フィラリアの成虫は心臓の右心室から肺動脈にかけてに寄生するので、血流が悪くなって心臓に負担が掛かります。
    その結果、心不全になり、肝臓や腎臓、肺などがうっ血状態になって臓器を傷めます。

犬フィラリア症が発症する原因

  1. 蚊がフィラリアに感染している犬の血を吸うと、血と一緒に、0.2mmのミクロフィラリアが蚊の体内に入り込みます。
    このミクロフィラリアは2週間ほどで蚊の体内で感染子虫に成長し、犬が感染子虫を持った蚊に刺されることによってフィラリアに感染します。
    フィラリア感染子虫は2ヶ月間ほど犬の皮下組織や筋肉組織でなどで2ヶ月ほどかけて2cmほどに成長し、 その後血管に入り、心臓の右心室や肺動脈に移動し、更に、オスは体長約18cm、 メスは体長約30cmまで4ヶ月ぐらいかけて成長し、成虫になります。

犬フィラリアの治療法

  • 慢性のフィラリア症の場合は薬剤によってフィラリア虫を駆除します。
    それから、3〜6週間後に犬の体内に残っているミクロフィラリアを薬剤で駆除します。
  • 急性のフィラリア症の場合には、犬の頚動脈から先がピンセット状になっている自由に動く器具を心臓まで入れて成虫を摘出します。 この後、薬剤でミクロフィラリアを駆除します

犬フィラリアの予防法

  • 予防薬を飲ませることによって感染を防げます。

犬フィラリアの確定診断法

  • 顕微鏡で血液を見てミクロフィラリアを見つけます。
  • ミクロフィラリアが居なくても成虫は居る可能性があるので、フィラリアの抗体を調べます。
  • 超音波検査(超音波エコー)で心臓を見て成虫を見つけます。