身近な自然と科学

⇒ ホーム(他の記事) 犬の病気診断

犬の病気・胃炎の症状・発症原因・治療法

犬の急性胃炎

犬の急性胃炎の症状

  • 嘔吐を繰り返す、吐瀉物に血が混じることがある
  • 脱水症状になることがある
  • 腹部を触ると犬が嫌がる

犬の急性胃炎の発症原因

  • 腐敗した物を食べた。食物以外のものを食べた
  • 毒物や毒草を食べた
  • 抗炎症薬(アスピリンやインドメタシンなど)を飲んだ

犬の急性胃炎の治療法

  • 異物や毒の場合は食塩水を飲ませて吐かせる。
    但し、吐かせることによって食道などが傷むと思われる物の場合は、固形物なら内視鏡や手術で取る

犬の慢性胃炎

犬の慢性胃炎の症状

  • 毎日で無くても継続的に嘔吐を繰り返す
  • 食欲不振や体重が減少することがある
  • 水を多飲したり、貧血になることがある
  • 腹部を痛そうにすることもある

犬の慢性胃炎が発症する原因

  • 通常は胃のぜん動運動が鈍くなって起こるが、胃壁の炎症や胃潰瘍、尿毒症の合併症、急性胃炎の慢性化、胃の腫瘍などが原因となる

犬の慢性胃炎の治療法

  • 病気の発症原因を突き止めてから、原因に合った治療をする