身近な自然と科学

⇒ ホーム(他の記事) 犬の病気診断

犬の病気:コロナウイルス腸炎の症状・発症原因・治療法・予防法

コロナウイルスに感染した犬の症状

  • 成犬は感染しても殆ど症状が出無い
  • 幼犬が感染すると、突然、餌を食べなくなり、嘔吐と下痢をし出す。
    下痢は橙色で悪臭が有り、軟便から水様便になり、血液が混じることがある。
    通常、10日前後で快復しますが、幼犬では下痢による脱水で死亡することがある。

コロナウイルス腸炎の発症原因

コロナウイルスはこの病気に感染した犬の糞便や嘔吐物に含まれ、他の犬がこれらをなめたりしたときに口から感染します(経口感染)。
このウイルスは非常に感染力が強く、同居している犬に直ぐに感染します。

コロナウイルス腸炎の治療法

対処療法(脱水症状があるときは輸液、保温、他の感染症に罹らないように抗生物質の投与など)によって体力減少を防ぎながら、快復を待ちます。

コロナウイルス腸炎の予防法

コロナウイルス感染だけでは比較的軽く済むので、他の病気に罹らないように日ごろから健康管理に気をつけます。