プライバシーポリシー

病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
気になる病気の自己診断美味しい調理のコツ自由研究医療検査値の意味・読み方

ホーム犬の病気診断

犬の病気:レプトスピラ症
人にも感染する

レプトスピラの症状
感染しても大部分の犬は症状を表さないで治る(不顕性型)。
症状を現さなくても治るまでは尿中にレプトスピラ菌を出し、他の犬や人間に移す可能性があるので注意が必要です。
 
出血性レプトスピラの症状
初め、40度前後の高熱が出て、元気や食欲が無くなり、口の粘膜や目が充血し、嘔吐や血便し、同時に泌尿器がおかされて、尿をしなくなるか、臭いの強い尿をするようになります。
肝臓がおかされることもあり、黄疸が出ます。
末期には口内の粘膜がただれ、尿毒症になって死亡します。
治っても慢性腎炎に移行することがあります。
 
黄疸出血レプトスピラの症状
突然高熱が出て、食欲が完全に無くなり、衰弱が激しく、全身が震え、嘔吐します。
半数以上の犬に黄疸が見られます。
更に、口内の粘膜、目の充血、尿毒症になり、病状の悪化が激しい犬では発病後数時間で死亡します。
しかし、快復する犬も居ます。

レプトスピラ症の原因
病原菌は出血性レプトスピラはイヌレプトスピ菌。
黄疸出血レプトスピラは黄疸出血レプトスピラ菌。
これらの菌に感染するのは、イヌの他に人間やネズミ、牛、豚などですが、最も主要な感染源は鼠です。
鼠は感染しても症状を顕さず、一生、尿の中にレプトスピラ菌を出し続けます。

レプトスピラ症の治療法
菌を除去するために抗生物質(ペニシリンとストレプトマイシンなど)を服用させます。
脱水症状があるときは輸液を行います。
症状が出ないときも抗生物質を服用させます。

レプトスピラ症の予防
定期的にワクチン接種を行います(単独か混合)。
散歩のときは他のイヌの尿の跡を嗅がせないようにします。
水溜りの水を飲ませたり、口や鼻をつけさせないようにします。
他のイヌの臭いを嗅がせないようにします。
犬の周囲に主な感染源である鼠が入り込まないようにします。
人畜共通感染症なので人間も注意する必要があります


スポンサーリンク






スポンサーリンク