病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

気になる病気の自己診断

便秘とは

便秘とは(coprostasis)
⇒便秘の治し方・実例

排便回数が1週間に2回以下、或いは3,4日に1回、または、排便の回数は多くても、 便量が少ない、排便時に苦痛を伴う、残便感があるときも便秘と言っています。
便秘には、器質的便秘と機能的便秘があります

  • 器質的便秘(organic coprostasis)は、 大腸の癒着、癌、炎症などで大腸が狭くなって食物カスが通過できない。痔などで痛みがあって排便できない。
    ⇒大腸癌
    全身性の疾患があり、このために腸管の機能が低下しるなどして排便できない。
    薬剤の影響で腸管の機能などが低下して排便できない。
    など、腸管や全身に問題があるものを言います
  • 機能的便秘(functional coprostasis)は、 腸管には異常が無いもので最も多い便秘です。

機能的便秘には次のものがあります

  • 弛緩性便秘(flaccid coprostasis)
    腸の緊張やぜん動運動が低下するために、食物カスが腸管内に長く留まり、 この間に水分が必要以上に吸収されて便が硬くなって出難くなるもの。
    無力体質の女性や高齢者に多く、硬くて太い便が出ます。
    麦飯、オートミル、豆、芋、海草などの食物繊維が多いものを摂るように心がけ、 下剤の連用は特に悪いので避けます
  • 痙攣性便秘(convulsive coprostasis)
    食物カスが大腸の終わり部分(直腸)に下がる大腸部分(下行結腸) の緊張が強くなりすぎて食物カスの移動が妨げられるもの。
    ころころしたウサギの糞のような便が出ます。
    野菜を過剰に摂らないで、豆腐、ヨーグルト、半熟卵を摂り、朝は冷たい牛乳を飲んで便意を促します
  • 直腸性便秘(rectal coprostasis)
    便意が弱くて排便できないもの

便秘治療薬(下剤)が効くしくみ


便秘に効果の有る漢方薬
大柴胡湯(だいさいことう) 潤腸湯(じゅんちょうとう) 麻子仁丸(ましにんがん)
桃核承気湯(とうかくじょうきとう) 小承気湯(しょうじょうきとう)
大承気湯(だいじょうきとう) 加味遥散(かみしょうようさん)
小建中湯(しょうけんちゅうとう)


スポンサーリンク








プライバシーポリシー