病状を改善する栄養素 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 自由研究

⇒ 気になる病気の自己診断

虫垂炎(盲腸炎)・移動性盲腸の症状と、虫垂炎と間違いやすい病気

虫垂とは、下図で上行結腸とは大腸が回腸(小腸)と接続する部分から上の部分で、 小腸で栄養分を吸収した残りの食物カスが上に移動する部分を言います。
虫垂は盲腸の先に付いている7cm程度のものです。

虫垂炎の症状

虫垂炎が悪化して虫垂が破れ、その内容物が腹腔に漏れると ⇒急性腹膜炎 を起こして命に関わるようになり、
虫垂炎が周囲の組織と融合して腸閉塞や ⇒急性腎盂腎炎 などの合併症を起こすことがあります。

虫垂炎と間違いやすい上行結腸憩室炎

憩室とは、大腸壁の弱い部分が外側に膨れて袋状になったもので、憩室炎はそこに炎症が起きたものです。
虫垂炎は10から30代の若い人に多いですが、憩室炎は中年の男性に多く、 憩室炎の場合は吐き気や嘔吐が虫垂炎より少なく全身症状が虫垂炎より良好です。

虫垂炎の診断

白血球数が1万以上で、右下の下腹部を圧して痛みがあればほぼ間違いなく虫垂炎です。

虫垂炎の原因

虫垂に細菌が感染して化膿したもの

虫垂炎の治療

基本的に手術する。
医師に診てもらうまでは右下腹部を氷嚢などで冷やす。
(憩室炎の治療は抗生物質の投与と安静)


移動性盲腸

盲腸は成人になると後腹膜に固定されるが、先天的に盲腸が動きやすい人が居ます。

移動性盲腸の症状

移動性盲腸の治療

原則的に内科的治療。
便通を整え、適度な運動をし、精神状態を安静に保つ。
痩せた人に多いので、太ると自然によくなることも多い








プライバシーポリシー