病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

気になる病気の自己診断

コンタクトレンズが原因で起こる眼の病気の自己診断

コンタクトレンズはメガネより視力が出ることが多いので便利なのですが、 角膜に直接触れるものなので取り扱いが不適切な場合には失明に至る原因になります。

感染性角膜炎
病原性細菌や真菌(カビの一種)が角膜に侵入して炎症を起こすもの。
充血、痛みが起こり、角膜が白濁して視力が落ち、酷くなると失明します。
特にブドウ球菌、肺炎球菌、緑膿菌などの毒素を産生するものが原因になっているときは、入院が必要な場合もあります。
アカウントアメーバーによる角膜炎は、ソフトコンタクトレンズの不適切使用で起こります。
症状は痛みや充血です。
重症になると治療が難しくなって失明することもあります。

角膜びらん
角膜に表層の一部が外傷などで剥がれるものです。
コンタクトレンズと角膜との擦れでも起こります。

角膜内皮障害
角膜内皮は、角膜の内側にある膜で、六角形をした内皮細胞がタイルの様に平面的に並んでいます。
内皮細胞は角膜を透明に保つ役割をしています。
コンタクトレンズの使用で空気中の酸素が行き渡らなくなると内皮細胞は傷害され、角膜が浮腫んできます。
角膜が浮腫むと視界が霞んできます。

角膜血管侵入
コンタクトレンズによって空気中からの酸素が角膜に入らないときに、酸素を補うために血管が新生して角膜に入ります。
当然、視力が落ちますが、早期ならコンタクトレンズの使用を止めたり、 酸素透過型コンタクトレンズに替え換えれば症状は改善します。

アレルギー性結膜炎
充血や痒みが出ます。


コンタクトレンズ性眼瞼下垂
ハード、ソフト関係なく、コンタクトレンズを10年以上継続して使用していた人に発症しやすく、 通常、片方の眼に起こります。
コンタクトレンズを止めれば1ヶ月ぐらいで改善します


スポンサーリンク








プライバシーポリシー