身近な自然と科学

ホーム

動脈硬化の予防と改善方法

動脈硬化とは

動脈の内腔にコレステロールやカルシウムが沈着して動脈壁が硬くなって脆くなったり、狭くなって血液の通りが悪くなったもの。
心筋梗塞、脳卒中(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血など)の原因になる。
閉塞性動脈硬化症は主に腹部から下肢部分の大動脈に起こる。

動脈硬化の種類・分類

動脈硬化の促進因子・危険因子

高血圧・高脂血症・糖尿病・肥満(肥満細胞が炎症物質を出す)・喫煙など
⇒糖尿病

動脈硬化の治療薬

⇒高脂血症治療薬のしくみ

硬化した動脈は元に戻らないので治療薬というより悪化することを防ぐ薬

動脈硬化を予防する食事療法

動脈硬化を予防するサプリメント

動脈硬化がある人の注意

動脈硬化症の方は脱水を避ける

脱水すると血栓が出来やすくなるので水分を補給する。
ただし、汗をかいているときには血液中のナトリウムも少なくなっているので、 水やお茶などを多飲すると血液中のナトリウム濃度が更に低くなるために、 ナトリウム濃度を保とうとして尿が多くなり、更に脱水症状が進んでしまう。
そこで、若干の塩分と、水の吸収を促進する糖分を含んだ飲み物を摂る。
或いは、塩分や糖分を含んだ菓子などを水やお茶などと一緒に食べる。





⇒ 身近な自然と科学サイトマップ

プライバシーポリシー