サイトマップ >

親指が外側に向いている,外反母趾の重症度と予防法

外反母趾とは

親指が異常に外側に向いている状態が外反母趾です。
外反母趾の診断を簡単に行うには、踵の内側と親指の付け根の出っ張りを結んだ直線と、親指の付け根の出っ張りと親指の内側を結んだ直線が成す角Aの大きさを測ります。
外反母趾の重症度を決める基準図
角Aが15度未満は正常、15〜20度が軽症、20〜40度が中等症、40度以上が重症です。
なお、小指が親指側に異常に曲がっている状態は、内反小趾と言います。

外反母趾は形の異常だけでは済まない

外反母趾になると、形状の異常だけでなく、足の指の関節が不自然に圧迫されるために、 関節を滑らかに動かすためにある滑液包が炎症を起こしたり、指の骨同士が接触しての炎症などが起こります

外反母趾になる原因

外反母趾になる原因は、親指の骨を支えている靭帯が伸び、関節が硬くなっためです。
靭帯が強ければ先の細い靴で圧迫されても元の形に戻るわけです。
外反母趾が女性に多いのは先の細い靴を履く人が女性に多いという外部からの圧力による他に、男性より靭帯が弱いからです。

外反母趾の予防と治療法

外反母趾にならないための予防や軽症の治療には、靭帯を鍛える運動と足の指を広げたまま保持する装具が重要になります。
靭帯を鍛える運動には、足の指でじゃんけんをする、足の指でタオルなどを掴んだり離したりなどがあります。
足の指を広げたままにする装具には、足の指を広げる機能がついたソックスや指の間に挟むものがあります。
その他、足の指を広げ、その間に指を入れて足の甲方向に押すのも効果があります。
中等症以上になってしまった場合には、上記の運動や装具だけでなく、靴の中敷(インソール)も外反母趾治療用を使います。
手術する場合もありますが、完全には元に戻らないようです。






プライバシーポリシー