サイトマップ >

肺炎(pneumonia)

肺炎の分類・名称

肺の侵される部分で分けると

肺炎を起こす原因になる病原菌によって分けると

主な肺炎と症状

典型的な細菌性肺炎

主に、普段元気な、青年や壮年が罹る

老人性肺炎

特に、尿病、脳血管障害、腎臓病、心臓病、呼吸系を長期間を患っている人が罹りやすい。

嚥下性肺炎

飲食物が気道に入ることにより起こるので、飲み込む力が弱い老人や乳幼児、アルコール中毒患者などがなりやすい。

成人型呼吸窮迫症候群

肺以外の病巣から病原菌が肺に入り込んで炎症を起こすもので、呼吸困難が強くてショック状態に陥る

院内肺炎

免疫力が低下している重篤な患者が入院している病棟病室内で起こる。
患者の免疫力が弱い上に、薬剤に対する耐性菌が存在するために非常に厄介

ウイルス性肺炎

風邪やインフルエンザなどのウイルスが外部から入って起こる、或いは、生まれつき体内に潜んでいたウイルスが体力低下に伴って出現して起きる。

肺炎の治療法








プライバシーポリシー