身近な自然と科学

ホーム

知っておきたい病気と症状の知識 ⇒

肺炎(pneumonia)

肺のおかされる部分で分けると、二酸化炭素と酸素のガス交換を行う肺胞がおかされる 肺胞性肺炎(alveolar pneumonia) 、肺胞の壁がおかされる 間質性肺炎( interstitial pneumonia ) に分けられます。

肺炎を起こす原因になる病原菌によって分けると

細菌性肺炎

ウイルス性肺炎
症状
軽症の場合は風邪の諸症状と同じ。
重症になると、高熱の持続、呼吸困難、呼吸が速くなる、咳、チアノーゼ、胸痛などが起きる。
しかし、痰はあまり出ない。

原因
風邪やインフルエンザなどのウイルスが外部から入って起こる、或いは、生まれつき体内に潜んでいたウイルスが体力低下に伴って出現して起きる。


肺炎の治療法
呼吸困難の場合は酸素を投与し、細菌性の場合は抗生物質、 ウイルス性の場合はそのウイルスの抗体を持つガンマグロブリンを投与する。
家庭内では湿度を上げ、牛乳や果汁などを飲ませて脱水状態にならないようにする






プライバシーポリシー