身近な自然と科学

ホーム

白血病の症状

白血病とは

血液中で細菌など異物を食べる白血球が異常に増える、或いは逆に減少する病気です。
文字どおり、白血球数が1ミリ立方中に10万を超えると血液が白く見えます。
通常の白血球数は、5000〜8000、肺炎などの炎症があるときでも多くても2万ぐらいです。
減少する場合は3000ぐらいになります。
早期に医療機関で治療しなければならない、命に関わる病気です。

急性白血病( acute leukemia)

異物を食べる能力が無い若い白血球が異常に殖えます。
幼児や子供が発症する白血病のほぼ殆どが急性白血病です。 若い白血球が殖えてもこれらには異物を食菌する能力が無く、成熟した白血球が減少するために免疫力が落ち、 呼吸器(喉や鼻、気管支系)や泌尿器など、直接外部と接触している部分の感染症に罹りやすくなります

急性白血病の症状


慢性白血病( chronic leukemia)

若い白血球から成熟した白血球まで全ての白血球が増殖します。
全ての年代で発病し、成人の場合は急性と慢性の両方を発症することもあります。
慢性の場合は、殆ど、慢性骨髄性白血球です。

慢性白血病の症状


白血病の治療に使われる漢方薬

加味帰脾湯(かみきひとう) 十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)
補中益気湯(ほちゅうえつきとう) 小柴胡湯(しょうさいことう)




⇒ 身近な自然と科学サイトマップ

プライバシーポリシー