身近な自然と科学

ホーム

疲労性腰痛の緩和療法

疲労性腰痛は、腰部の筋肉が長時間緊張したために筋肉内の血行が悪くなって起こります

身体を伸ばしたときに腰が痛む場合(伸展性腰痛)

伸展性腰痛の原因

伸展性腰痛の予防法と痛みの緩和法

腰椎への負担を減らすには腹筋を使って、骨盤を後ろに傾ける必要があります
腹筋を強化して前に湾曲している腰椎への負担を減らし、股関節の前の筋肉をストレッチします。
また、股関節や胸椎を反らせやすくするために殿筋や背筋を強化します。
痛みが無いときに下図のようなストレッチをすると効果があります。


身体を前に曲げたときに腰が痛む場合(屈曲性腰痛)

野球で投球をしたとき、靴を履こうとしたときなどに痛みが出ます

屈曲性腰痛の原因

股関節を動かさないでいると大殿筋や太腿の裏のハムストリングが硬直し、身体を前屈させたときに股関節が十分に動かず、骨盤を十分に前に傾けることが出来なくなります。 これを補うために背筋を引き伸ばすために痛みが起きます。

屈曲性腰痛の予防法と痛みの緩和法

ハムストリング(太腿の裏)や大殿筋をストレッチする


座っているだけで痛みが出る・腰が重く感じる、動いている方が楽な腰痛の原因






⇒ 身近な自然と科学サイトマップ

プライバシーポリシー