病状を改善する栄養素 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 自由研究

⇒ 気になる病気の自己診断

たな障害・離断性骨軟骨炎の症状と治療法

たな障害
「たな」とは、大腿骨と膝蓋骨(俗に言う膝のお皿)の間にある膝蓋内側の骨膜の「ひだ」を言います。
この「ひだ」は半数に生まれつきあるもので、激しい運動や膝の打撲を切っ掛けに、膝を動かすと、膝蓋骨の内側で引っ掛かるように痛み始めます。
下図の部分を押すと痛みます。


たな障害の治療法
激しい運動を控えて大腿四頭筋を鍛えます
⇒簡単な膝の治療法と運動療法
それでも痛みが続く場合には、関節鏡で「ひだ」を切除します。

離断性骨軟骨炎
関節内で、骨と軟骨が部分的に離れてしまう病気
10,20代の男性に多い疾患 









プライバシーポリシー