ドメインを変更しました。
ブックマーク等の更新をお願いします。
5秒後に新しいURLに移動します。

サイトマップ

腹膜炎とは

腹膜炎は他の病気の悪化によって起こることが多い

急性腹膜炎による腹痛は発症原因によって異なる


腹膜炎は、細菌を持った食物が通過する消化器官の穿孔によって起こることが多く、 また、腹部への外傷による腹膜炎、肺炎球菌性腹膜炎、内膜炎、骨盤腹膜炎などでも、最終的には細菌性腹膜になるので、腹膜炎になった原因が何であれショックに陥る可能性がある。
ショックとは

急な腹痛を起こす病気は全て腹膜炎と間違いやすい

急性腹膜炎の治療法

臓器の穿孔や重度の細菌性炎症のある腹膜炎では、開腹し、穿孔している部分を塞ぎ、腹腔内を洗浄する

癒着性腹膜炎(慢性腹膜炎)は、何らかの病気で開腹手術した人に起こることが多い

癒着性腹膜炎の症状

明らかに癒着し、腸閉塞や食物の通過障害があるときは手術をします。って解消する

結核性腹膜炎(慢性腹膜炎)は、肺結核に罹った後に発症することが多い

結核性腹膜炎の症状

癌性腹膜炎や肝硬変、虫垂炎などと間違われやすい。
結核に感染しやすい体質があるので、結核に罹った家族が多い場合はその事を医師に告げること







プライバシーポリシー