病状を改善する栄養素 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 自由研究

⇒ 気になる病気の自己診断

胃炎の食事療法

急性胃炎、慢性胃炎に関わらず、胃壁内側の粘膜に炎症によって、胃痛や胃が重い感じ、吐き気や嘔吐が起きます。
食事療法としては、食物が触れる胃壁が傷ついているのですから、傷ついている部分に刺激を与えないようにして回復を待ちます。
自分では見ることが出来ない胃なので実感がわきませんが、体の見える部分の傷なら刺激を与えないようにするはずで、胃炎もそれと同じです。

難しいことを考えずに胃に刺激を与えないようにします。
先ず、
慢性胃炎で症状が重いときには軽くなるまで絶食を厳守し、ぬるま湯や薄い番茶を少し飲むだけにします
コーヒー、緑茶、炭酸飲料、アルコール、果汁、塩分や酸、甘味を含む飲料は刺激があるので控えます。
急性胃炎でも症状が重いときには絶食し、食事代わりに症状によって、番茶・麦茶、おもゆ、酸っぱくなく且つあまり甘くない果汁を摂ります。
飲食物の温度は刺激の少ないぬるい程度にします。

症状が軽くなったら、症状の回復度に応じて3分粥、5分粥、全粥と硬くしていきます。
副食物は半熟卵や豆腐、野菜はよく煮て裏ごし硬い繊維を除いて食べます。
急性胃炎は傷口(炎症)が浅いので慢性胃炎より回復が早く、2,3日で治ります。
しかし、こじらせると慢性化する危険があり、また、胃炎になりやすい体質を肝に銘じて暴飲暴食や刺激の強い飲食物の多量摂取は控えましょう。 

胃酸過多の慢性胃炎に適した食べ物
うどん、パン、ご飯などの主食(穀物類)は軟らかく調理したものにする。
タンパク質は牛乳・乳製品や豆腐で補い、獣肉・鶏肉・魚は脂の少ない軟らかい部位を少し食べるようにする。
繊維質が多い野菜は避ける(裏ごしして硬い繊維を除けばよい)
香辛料や酸や塩分が強いものは避ける
熱い物は胃酸の分泌を促進するので冷まして食べる

胃酸が少ない慢性胃炎に適した食べ物
胃酸が少ないとタンパク質の消化力が落ちるので、牛乳・乳製品・卵で良質のタンパク質を摂るようにする。
胃酸が少ないと殺菌力も落ちるのでよく加熱した物を食べる。
香辛料や酸、塩分の強い物を避ける








プライバシーポリシー