身近な自然と科学

ホーム

胃ポリープ・胃下垂・胃アトニー

胃ポリープとは

胃ポリープは胃の上皮(粘膜)に出来た隆起で、その多くは良性腫瘍です。
ポリープの形は、茎のあるキノコ状、ボールをつけたような球状、台形の様に上が平らな平盤上、山の様な山型状があります。
*胃癌の早期状態と疑われるのは、平盤上で表面に凸凹が見られるものです

胃ポリープの症状

多くの場合、無症状です。
ポリープが崩れて出血することがありますが、大量に出血することは稀です。
しかし、胃ポリープは萎縮性胃炎を併発するために腹部の不快感を訴えることがあります。
萎縮性胃炎

胃下垂とは

胃の下部が左右の骨盤の上縁を結んだ線(ヤコピー線)より下がった状態です。
胃下垂そのものは病気ではありません。

胃アトニーとは

胃下垂の人に多い病気で、胃の筋肉の緊張が低下し、食物の消化や腸へ送り出すための胃のぜん動運動が不活発になってしまったものです。
胃アトニーは深刻な病気ではありません。

胃アトニーになりやすい体質

痩せていて、腹部の筋肉が弱い人

胃アトニーの症状

胃アトニーの治療法






⇒ 身近な自然と科学サイトマップ

プライバシーポリシー