病状を改善する栄養素 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 自由研究

⇒ 気になる病気の自己診断

咽頭癌の自覚症状(自己診断)

咽頭癌
咽頭は鼻の奥(上咽頭)から中咽頭を経て気管に入る前(下咽頭)までです。

上咽頭(鼻の奥)に癌が出来たときの初期症状
喉には症状が出ずに、片方の耳の耳鳴りや、難聴、耳が詰まっている感じ、鼻血や鼻汁、鼻詰まりがあります。
病気が進行すると上記の症状が強くなります。
更に病気が進んで腫瘍が大きくなると、片方の目の動きが異常になったり、物がダブって見えるようになります。
また、首のリンパ節に癌が転移すると首が腫れます。
リンパ節は組織間に存在するリンパ液が集まってくるところで、通常はここで細菌などを死滅させます。
ですから、炎症などがあれば、癌でなくてもリンパ節は腫れます。
更に腫瘍が大きくなり、頭蓋骨の骨を侵すようになると、激しい頭痛や顔面が痛くなります(
三叉神経痛 が起きる)

中咽頭(口の真っ直ぐ奥付近)に癌が出来たときの初期症状
腫れている感じと飲食中に不快感を感じる程度です。
進行すると、食物を飲み込むときに喉の片側だけ痛みを感じるようになり、更に進むと口臭が強くなり、口内出血、耳に伝わる痛み、声質が変わってきます。

下咽頭(口から食道に繋がる付近)に癌が出来たときの初期症状
40歳以上に多い
咽頭に異物がある感じや風邪の様な咳が出ます。
この癌は周囲に広がるのが早く、食道に広がると食物が通り難くなります。
咽頭に広がると咽頭癌と同じ症状になります。
つまり、声が枯れ、咳や痰が増え、ついには呼吸困難になります。

咽頭癌の治療法
手術が難しい部位なので、放射線や抗がん剤が主になります。
特に上咽頭は放射線治療がよく効きます(上咽頭は位置的に手術が難しい)
しかし、中咽頭の小さな癌や、下咽頭に広がった癌では手術が行われることがあります。


咽頭炎
咽頭炎の症状
突然、37〜38度ぐらいの発熱が起き、喉の痛みや不快感、顎の下のリンパ節が腫れます。

咽頭炎の原因
重金属製剤の服用後に起こることがあります。
また、工場のばい煙や自動車の排気ガスなどの空気の汚れが原因と考えられています。

咽頭炎の治療法
寒気を吸い込まないようにして刺激を少なくし、重曹水でうがいをします。
また、細菌を死滅させるために抗生物質の服用や吸入をすることがあります。


舌根扁桃肥大
神経質な40代の女性に多い

舌根扁桃肥大の症状
咽頭部の不快感や軽い痛み、喉に何か詰まっている感じがする。

舌根扁桃肥大の治療法
刺激のある食品(コーヒーや酒、香辛料)を控え、禁煙する。うがいをする。








プライバシーポリシー