病状を改善する栄養素 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 自由研究

⇒ 気になる病気の自己診断

腎不全

急性腎不全
急性腎不全の症状
尿の量が極端に減少(1日に400ml以下)する。
食欲不振、吐き気があり、嘔吐する。

急性腎不全の原因
血液をろ過する糸球体が炎症を起こしたことによる(糸球体腎炎)。
重大な心臓の障害や大量出血による。
尿管や膀胱、尿道で塞がって尿の流れが完全に止まることによる。
上記のいずれかによって、体内の毒素と水分が対外に排出されないために、血液中の尿素窒素やクレアチニンの濃度が上昇して尿毒症になる

急性腎不全の治療法
至急、病院で治療する必要がある。
安静にして保温する。
尿量が減少しているときは水分を制限する。


慢性腎不全
慢性腎不全の症状
病状の変化はゆっくり進行する。
初めは顔色が悪く、貧血になる。
疲れやすくなる。
尿量が日に400m以下になると、食欲不振や吐き気、便通異常になり、消化器官からの出血で黒い便が出るようになる。
骨障害が出てくる。
疲労感が強くなり、居眠りが出る。

骨軟化症、貧血、高血圧症、副甲状腺機能亢進症などが腎不全に合併して発症することがある。

慢性腎不全の原因
⇒慢性腎盂腎炎
慢性糸球体腎炎
⇒急性糸球体腎炎
ネフローゼ。
上記の他に、腎結石、高血圧症、鎮痛剤の大量服用が原因になることがある。

慢性腎不全の治療法
食事療法と透析








プライバシーポリシー