病状を改善する栄養素 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 自由研究

⇒ 気になる病気の自己診断

食物依存性運動誘発ジンマシン(アナフィラキシー)

蕁麻疹とは、肌の一部が浮腫んでその部分が痒いものを言う。
その中で、特定の食物を食べた直後に運動したときに起きるものを
食物依存性運動誘発ジンマシン(食餌依存性運動誘発ジンマシン) と言う。
肌の異常では無く、腹痛、呼吸困難、悪心、吐き気、血圧低下、ショック状態、意識喪失などが起きるものを
食物依存性運動誘発アナフィラキシー(食餌依存性運動誘発アナフィラキシー)
という。

原因となる食物は小麦粉製品が多いが、エビ、カニ、鶏卵、牛肉、鶏肉、桃、ブドウ、魚介類など、人によって異なる。
食物に対するアレルギー(抗原抗体反応による特異な反応)が関係しているらしいが発症する。
理由は不明

原因となる食物を食べてから4時間以内に運動を始め、運動を始めてから10分から1時間以内に発症する。

原因となる食物を食べた後、運動しなくても全身に蕁麻疹が出来たり、腹痛や呼吸困難、ショック状態などが起きるものを ラテックス・フルーツ症候群 という。
天然ゴムのラテックスと同じ抗原を持っている特定の果物(メロン、トマト、キウィ、バナナ、クリ、ソバ、アボガドなど)を食べた後に起こる。

ラテックス・アレルギー のある人は、ラテックス(ゴムの木の分泌する乳液。生ゴムの原料)で作られた手袋などのゴム製品に触れた場合でも、蕁麻疹や紅斑だけでなく、酷いときは、結膜炎、鼻炎、 ⇒気管支喘息 、呼吸困難、ショックを起こす。

治療法
重症の場合には、副腎皮質ホルモン剤の全身療法
通常は、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤の服用
⇒ショック

予防法
原因となる物質(アレルゲン)が判明している場合は、アレルゲンを少しずつ皮内に注射する脱感作療法をする。
一度、蕁麻疹や腹痛が起きた物質や食べ物を避け、また、そのときの状況と同じようにならないようにする。
(食べる量や運動などの多い少ないで蕁麻疹や腹痛などが起きない場合が多い)








プライバシーポリシー