サイトマップ >

初期は無症状が多い,腰部にしこり,腎細胞癌

腎細胞癌とは

腎細胞癌は、糸毬体で作られた原尿を腎盂に運ぶまでの尿細管の上皮から発生するものです。
糸毬体は毛細血管が毬状に成っていて血液から血球やタンパク質を濾しとる部分で腎臓機能を司る部分です。
原尿は糸毬体で血液から血球やタンパク質を取った残りの液体、腎盂は腎臓内で作られた尿が集まる部分で尿管に繋がっている部分です

腎細胞癌の特徴症状

ただし、初期では上記全ての症状が出ることは少なく、無症状の内に、健康診断などの腹部超音波検査で小さな腫瘍(3cm大)が発見されることが多いです。
腫瘍が10cm大ぐらいになると上記症状が全て現れる他、発熱、吐き気、食欲不振、体重減少などが起きます

腎細胞癌の特徴







プライバシーポリシー