身近な自然と科学

ホーム

筋状の隆起,鼠径部の痛み,静脈炎,静脈血栓,静脈瘤

静脈炎,静脈血栓とは

静脈の炎症や血の塊が静脈を塞いで血液の流れを悪くするものですが、 身体の深部にあるある程度大きな静脈に血栓が出来た場合には、血管を塞いでいた血の塊が流れて肺塞栓を合併することがあるので要注意です。

静脈炎の症状

発熱や痛みが出ることがある

皮膚の表面近くの静脈に静脈炎が出来た場合の症状

ふくらはぎの静脈に静脈炎が出来た場合の症状

腸骨、大腿静脈に出来た閉塞の症状

脇の下や鎖骨の静脈に血栓が出来た場合の症状

静脈炎症の治療法


静脈瘤とは

静脈が拡張し、蛇行した状態。
静脈瘤は、食道や精索にも出来るが、普通は下肢に出来たものを言う。 ⇒食道静脈瘤

静脈瘤が出来る原因

皮下の静脈血管を流れる血液が深部の静脈血管に戻るときに血管内の弁が何らかの原因でうまく機能せずに、皮下を流れる静脈血が深部に戻り難くなるのが原因。
先天的に静脈血管が弱い、ホルモンバランス、長時間の立ち仕事などの理由が考えられているが、確かな原因は不明

静脈瘤の症状

静脈瘤の治療法

対処療法で無事過ごせる人も多いのですが、悪化することもあるので注意が必要です

静脈瘤に効く漢方薬





⇒ 身近な自然と科学サイトマップ

プライバシーポリシー