病状を改善する栄養素 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 自由研究

⇒ 気になる病気の自己診断

肝臓病の自覚症状

⇒肝臓病の他覚症状

⇒乳幼児の肝臓病の症状
急性肝炎の自覚症状
スポンサーリンク

急性肝炎の型ごとの特徴

A型肝炎(流行性肝炎)
糞便で汚染された水、牡蠣などの生鮮魚介類などからウイルス(HAV)が口から入ることによって感染する(主に経口感染)
糞便を肥料にしていた時代を過ごしていた高齢者や年配者はA型肝炎に対する抗体を持っている確率が高く発症は稀。
しかし、国内衛生状態が良くなってから生まれ育った人が海外旅行で感染して来ることが多い。
潜伏期間は15〜30日
初期症状は風邪に似ていて、急な発熱(38度ぐらい)、悪寒、頭痛、関節痛、吐き気や嘔吐、腹痛、下痢などの消化器の異常が出る。
しかし、症状を出さない不顕性感染がほとんど。
上記症状が1〜2週間ほど続き、皮膚の痒み、色の濃い尿や白っぽい便が出る症状などを経て黄疸が出る。
A型肝炎では殆どの患者に黄疸症状が出る。
黄疸は2〜4週間続き、快復する。
 
確定診断は血液中に出る IgM型HA抗体の検出の有無による。
通常、発症後2ヶ月もすれば肝機能は正常に戻り慢性化することは殆ど無い。
糞便中のウイルスの排出は潜伏期間中のみで発病後には無く、血液中のウイルスも潜伏期間中に認められるだけなので、発症後は他人への感染は無いと考えてよい。
また、
一度感染すれば二度感染することは無い。
A型肝炎に感染したことがあるか無いかは、血液中のIgG型HA抗体の有無で判る。
このIgG型HA抗体が2度感染しないように働いている。
(IgM型HA抗体は3ヶ月ぐらいで消える)

B型肝炎
HBs抗原を持っている人(キャリア)の血液や唾液や精液が傷口や粘膜に触れることによって感染する。
感染してから発病するまでの期間(潜伏期間は50〜180日)
発症すると、A型肝炎と同様の経過を辿りますが発熱は少なく、黄疸は患者の8割ぐらいに出る。
黄疸が出ても自覚症状が軽くならない場合は
劇症肝炎 に注意する必要がある。
患者数の2,3%が劇症肝炎に移行する。
殆どの場合は発症後2〜3ヶ月で肝機能は正常化し、感染防御抗体(HBs抗体)が産生されて終わる。

B型肝炎ウイルス自体は肝臓を破壊せず、血液中のタンパク質と同じ性質を持つために肝臓に集まるだけ。
しかし、ウイルスは異物なので免疫機能のリンパ球と衝突する。
免疫機能が強ければウイルスは駆逐されて完治する。
免疫機能とウイルスが妙に協調すると症状は治まりながらB型肝炎ウイルスを持つキャリアになる。
キャリアになりやす人は、出産時に母子感染を受けたか乳幼児期に感染した方。
これは幼児期は免疫機能が未発達なためにB型肝炎ウイルスを異物と認識出来ないから。
母子感染を防ぐには出産後に子供にB型肝炎用免疫グロブリンとワクチンを投与する(95%は防げる)
免疫抑制剤を服用中に感染した場合もキャリアになる可能性がある。
B型肝炎キャリアと結婚するときは、
B型肝炎ワクチンの接種 を行うようにすること。
キャリアではウイルスと免疫機能が時折衝突するので長い歳月の間には肝臓が傷つき、役10%の方は肝硬変に移行する。
免疫機能とウイルスが大きな衝突を起こすと、劇症肝炎になる。 


C型肝炎(非A非B型肝炎)
ウイルス(HCV)、二種以上のウイルスによることもある。
90%が輸血によって感染するが(そのため、血清肝炎ともよばれる)
感染源が不明な場合も多い。
潜伏期間は10〜80日
肝機能の障害程度はA型やB型に比べて軽いが、50〜80%が慢性化する
⇒C型肝炎詳細


D型肝炎
B型肝炎ウイルスが存在するときにのみ感染する。
欧米に多い
B型肝炎患者が感染すると重症化すると言われているが、国内では稀


E型肝炎
亜熱帯・熱帯地域で流行
水などを介して経口感染する。
一過性の肝炎で慢性化しないが、感染は青年が多く、妊婦が感染すると重篤化する


⇒劇症肝炎


薬剤肝炎
薬剤起因性肝炎の症状には
急性ウイルス肝炎と同じような症状が出るもの、 胆汁がうっ血して肝障害が起こることによる黄疸、皮膚の痒み、発疹が出るもの。
両者が入り混じったものがある。
薬剤起因性肝炎が起こる理由

  1. 薬または薬が体内で代謝(分解)したときに生成される物質と 細胞のタンパク質が結合して抗原となる
  2. 体内の異物を感知するリンパ球が、1でつくられた抗原を異物と認識して抗体をつくる
  3. 2で抗体が作られたところに再び薬が入ってくると、抗体抗原反応が起こって肝細胞を破壊する。

長年服用している薬でも突然起こることがあり、また、漢方薬や栄養剤、サプリメントなどでも起こる。
多くの場合、薬の服用を止めるか、他の薬に変えることで2〜3ヶ月で治る。
しかし、稀に
劇症肝炎 を起こすことがあるので注意が必要


アルコール性脂肪肝
アルコール性脂肪肝の自覚症状は殆ど無く、稀にウイルス性肝炎と同じように倦怠感や食欲不振、吐き気がある他、右肋骨下付近の痛みやお腹の張り(膨満感)を感じる程度。
他覚症状では、右の肋骨下を押すと、表面が滑らかな腫れた肝臓に触れる。
アルコール性脂肪肝から肝炎を飛び越して肝硬変に移行する場合があるので要注意

アルコール性肝炎
アルコール性肝炎の症状

食欲不振、吐き気、嘔吐、倦怠感、腹痛、下痢、体重減少、発熱、黄疸が出る。
肝臓が腫れているために右の肋骨の下を押すと痛む。
病気が悪化すると、意識障害、異常行動が見られ、最後は肝性昏睡に陥る。
(意識障害はアルコールによるのか肝炎によるのかを見極める必要がある) 
アルコール性肝炎で自覚症状が強く出ているときにはアルコール性肝硬変の疑いがある。
長期間の多量の飲酒によって細胞が破壊されて炎症が起こるが、
⇒C型肝炎 と関連があると言われている。
アルコール性肝硬変の症状はウイルス性肝硬変の症状と同様


慢性肝炎
慢性肝炎患者の70%はC型肝炎から移行したもの。
慢性肝炎の約10%が肝硬変になり
⇒肝硬変
その約30%が肝臓癌、約40%食道静脈瘤、約30%は肝性昏睡になる
⇒肝臓癌詳細
⇒食道静脈瘤詳細

慢性肝炎の症状
一般的に自覚症状は無いか、軽い。
全身の倦怠感、疲れやすい、食欲不振、アルコールに弱くなる。
腹部が張る。

慢性肝炎の治療法


肝炎に効く漢方薬








プライバシーポリシー