病状を改善する栄養素 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 自由研究

⇒ 気になる病気の自己診断

全般性不安障害

全般性不安障害が起きるとき
患者の5割ぐらいは他の精神障害と同時に発症すること多い。

全般性不安障害の症状
自分ではどうにもならない事に強い不安と恐れを抱く。
次から次へと不安な事を思い、何が不安なのか判らなくなる。
警戒心が過剰になって些細な事にもビクつく。
イライラ感が増す、集中心が欠ける、落ち着かない。

眠れない、寝起きが悪い。
頭痛、震え。
呼吸数の増加、めまい、口が渇く、頻脈、発汗など。

外観的には激しい症状は出ないが、上記の症状が数週間から数ヶ月続く。

全般性不安障害が起きたときの対処法
日頃から趣味などで楽しい時間を過ごすようにする。

全般性不安障害の原因
不明

全般性不安障害の治療法
抗うつ薬や抗不安薬などを使いますが、治療期間が長くなることが多いので薬剤は乱用しないようにします。
(抗うつ薬や抗不安薬には副作用があります)

精神療法では、支持的精神療法が行われます。
支持的精神療法というのは、精神系専門の医療従事者が患者を支えるように治療法や生活などを指導する方法です








プライバシーポリシー