病状を改善する栄養素 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 自由研究

⇒ 気になる病気の自己診断

強迫性障害(Obsessive Compulsive Disorder)

強迫性障害が起きるとき
患者の5割ぐらいは、突然発症しています。
近親者の死、妊娠、離婚などのストレス後に発症する人も居ます。

強迫性障害の症状
例:
手を何度も洗う、汚れるのを極度に嫌う(極度の清潔性)。
外出時などに家の施錠や火元などが心配になって何度も引き返す
(悪い事が起きる気がして怖い)。
カレンダーや置物が少しでも傾いていると何度でも直す
(対象性や秩序が乱れていると怖い)
法的道徳的に咎められるかもしれない出来事を衝動的に思い出して苦痛を感じる。

患者は上記の事を馬鹿げた無意味な事を認識しています。

身体的な症状(動悸や吐き気、めまい)などはありません。

強迫性障害が起きたときの対処法
うつ病の併発や患者自身が絶望することが多いので、家族は精神障害やそれから来る言動を責めてはいけません。

強迫性障害の原因
遺伝的要素が強く、親が発症している場合には子の発症率は約35%に昇ります
神経伝達物質セロトニンの調節異常という説があります。

強迫性障害の治療法
薬剤は抗うつ薬や抗不安薬などを使います。
精神療法では、苦痛や恐怖を感じないように徐々に慣らします








プライバシーポリシー