病状を改善する栄養素 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 自由研究

⇒ 気になる病気の自己診断

解離性障害(Dissociative Disorders)

解離性障害が起きるとき
強い精神的衝撃や苦悩の後に発症する。
強い精神的衝撃や苦悩に耐えられないために自己防御として精神を分離すると考えられています。

解離性障害の症状

解離性障害が起きたときの対処法
家族や周囲の人は、異常行動に気づいても、しつこく問い質してはいけません。
精神を解離したいほどの精神的衝撃を受けていますから不用意に問い質すと症状が悪化することがあります。
もちろん、奇異な言動をからかったり、責めてはいけません。
当人が自覚できる場合には自然に治癒することがありますが、悪化することもあるので、直ぐに、精神科や神経科を受診させてください。

解離性障害の原因
不明。
幼児期に虐待を受けたことがある人、配偶者から暴力を受けている人が発症しやすいといわれています。

解離性障害の治療法
薬剤療法では薬剤を使って記憶を取り戻したり、ストレスをやわらげます。
精神療法では、記憶を回復させる、人格を統合する支援を行います。
多くの症例では短期間に改善しますが、多重人格障害の治癒には長い期間が必要です。








プライバシーポリシー