病状を改善する栄養素 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 自由研究

⇒ 気になる病気の自己診断

自律神経機能不全(Somatoform Autonomic Disfunction)

自律神経機能不全の症状
自律神経が司る呼吸器・循環器・消化器などの不調を訴えて重い病気に罹っていると思い込んで、医師に病気では無いと言われても認めません。
身体的には、自律神経が緊張して、発汗、動悸、顔面紅潮、震えなどが現れます。
医学検査で異常が無いのに、身体的な症状が出るか、患者が病状を訴え、医師の診断を信じずに悩まなければこの神経障害にはなりません。

自律神経機能不全が起きたときの対処法
自律神経訓練法を行う。
ストレスを避けるようにする。

自律神経機能不全の原因
ストレスが自律神経をコントロールしている脳の視床下部に影響を及ぼし、その結果、自律神経が乱れるという説があります。

自律神経機能不全の治療法
内科を受診すると、「心臓神経症」「胃神経症」「過敏性腸症候群」「過喚起症候群」といった自律神経が原因になる病気に診断されます。
器質的な異常が無く(臓器などに病変が無い)、心因性と判断されれば、精神安定剤や抗不安薬などが処方されます。
あえて、精神科や神経科を受診する必要はありません








プライバシーポリシー