病状を改善する栄養素 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 自由研究

⇒ 気になる病気の自己診断

持続性疼痛障害(Persistent Somatoform Pain Disorder)

持続性疼痛障害の症状
突然、前兆が無く、身体の器質的病気が無いのに、疼くような激しい痛み出て次第に激しい痛みになり、日常生活に支障が出ます。
この痛みは、精神的なものなので鎮痛剤を服用しても消えません。

持続性疼痛障害が起きたときの対処法
心因性の痛みと判ったら理性的に受け止めるようにします。
これだけで痛みが軽減することがあります。
家族や周囲の人は、精神的なものでも痛みが出ることを理解して上げるようにし、不合理な精神論で患者を責めてはいけません。
逆に、必要以上に面倒を看ることも控えます。
痛みを訴えることで家族や周囲の人の注意を引くことを無意識にしている可能性があるからです。

持続性疼痛障害の原因
痛み感覚をコントロールする脳内伝達物質エンドルフィンの不足という説があります。
エンドルフィンは痛みを和らげます。
親がこの障害を患ったことがあるときは、その子供も発症しやす。
心理的葛藤に弱い人が発症しやすい。
40から50代の女性が発症しやすい。

持続性疼痛障害の治療法
抗うつ薬や精神安定剤などが使われますが、心理的な要因で痛みが発生することを理解させる精神療法が主になります。








プライバシーポリシー