身近な自然と科学

ホーム

知っておきたい病気と症状の知識 ⇒

人格障害

人格は偏っていてもそれが人の個性ですが、人格障害として問題になるのはその偏りが社会に適応できないほど大きいときです。
特に、演技性人格障害と非社会性人格障害、妄想性人格障害は、トラブルを起こしやすいので注意が必要です。
反社会性の無い人格障害で、精神科や神経科を受診しても完全には治癒しない場合は、その人格に合った職業や生き方を考える必要があります。

強迫性人格障害

不安回避性人格障害

依存性人格障害

情緒不安定性人格障害

演技性人格障害

妄想性人格障害


分裂病質人格障害

非社会性人格障害






プライバシーポリシー