病状を改善する栄養素 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 自由研究

⇒ 気になる病気の自己診断

双極性感情障害(躁うつ病)

躁うつ病の症状
躁が繰り返して起こる。
躁の時には気持ちが高揚しているために、饒舌、自信過剰、誇大妄想的な事を言う、大声で話す、話に脈絡が無い、判断力が無くて浪費する、夜も眠らずに動き回るなどをする。
そのために、トラブルや事件を引き起こしたり巻き込まれたりすることがある。
躁状態のときには本人は気分爽快で躁病の自覚が無い。
しかし、躁状態の後半にはイライラ感が出て、終わり頃には急に落ち込む.

躁うつ病が起きたときの対処法
躁状態ときにトラブルや事件を起こしやすく、躁と欝の気持ちの落差の為に自傷する可能性もあるので、症状が重くなりそうなときには本人が同意しなくても入院加療させる必要がある。
また、再発する可能性があり、再発の兆候(朝の目覚めが悪いなど)を見逃さずに治療して再発を防ぐようにする
.

躁うつ病の治療法
主に薬物投与。
患者数の1割ほどは慢性化する








プライバシーポリシー