病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

気になる病気の自己診断

膠原病の自己診断

膠原病は幾つもの病気の総称ですが、これらの病気の症状はどれも似たり寄ったりで検査をしないと病名の判断が付かないものが多いです。
原因は一つで、そこから色々な病気が出ているという説があるほどで、この他に、全身性血管炎など、下記以外にも膠原病に含まれる多くの病気があります。
また、膠原病の初期症状は最初に身体のどこで発病するかによって変わるので、 列記したものが全て出るとは限りませんし、列記してないものが出ることがあります。

ただ、膠原病と呼ばれる病気の多くでは、手や足の指の関節の強張りや痛みが出ることが多いようです。
⇒膠原病(リュウマチ)では無い指の関節が痛む病気

膠原病で脇の下や内腿のつけ根のリンパ節が腫れることがありますが、膠原病での腫れの場合は腫れた部分が軟らかく、圧しても痛みはありません。
病原菌による感染で腫れた場合は圧すと痛みがあります。
癌の転移によるリンパ節の腫れは圧しても痛みがありませんが、腫れは硬くなります。

膠原病による筋力の低下(筋炎)は左右対称に起こり、ゆっくり進行するので運動不足による筋力の低下と間違うことがあり、咽頭筋に及ぶと食事がし難く、胸郭呼吸筋に及ぶと息切れがおきます。

膠原病は自己免疫疾患と考えられ、発症原因は、発症しやすい体質の遺伝、薬剤、紫外線などと言われています。
発症が女性に多いのは、女性は子供を生む必要(自己では無い子供を体内で育てる)から免疫が男性より変化するためと言われています。


スポンサーリンク

症状1
朝の起床時に関節がこわばりったり痛みが出るが、次第に症状が消える。
こわばりは、手指の関節、足の指の関節、肘、膝、肩、頸、顎などで、左右対称に起きる。
脱力感や全身の痛み、微熱などの全身症状が出る。
病状が強くなるとこわばりや痛みの他、腫れ、発赤、熱感が出る。
顎の関節に症状が出ると、朝食が食べ難くなる。
⇒顎関節症
考えられる膠原病
慢性関節リウマチ(RA)
小児と30〜50歳代の女性に多い。
動脈炎を伴い、神経炎や内臓疾病を伴う場合は
悪性関節リウマチと呼ぶ。


症状2
疲れやすい、体重減少、高熱などの全身症状がある。
関節の痛みやこわばりがある(痛む関節が変わることがある)。
顔や手指に紅班が出る(日光に当たるところに出やすいがその他にも出ることがある)。
頭髪が抜けやすくなる。
口内炎が出来やすい。
出血班が出来やすい。
冷気に当たったり緊張したときに手や足の指が白くなったり紫色になる。
浮腫みなどの腎臓障害が出る。
息切れなどの呼吸障害や循環器障害が起こる。
痺れや麻痺、視力障害、偏頭痛が起こる。⇒偏頭痛の症状と発症する理由
意識を失ったり、不安、不眠などが出る。
食欲不振、吐き気、便秘、下痢などの胃腸障害が出る。
発熱は発熱と解熱を繰り返す。
考えられる膠原病
全身性エリテマトーデス(SLE)
20から30歳代の女性に多い。
エリテマトーデスは紅い斑点の意味で、皮膚だけのものから内臓に病変があるもの、内臓だけに病変があるものまであり、免疫異常の炎症性の疾患です。
色々な臓器に病状が異常が出る病気なので、上記した症状が全て出るとは限りません。
疲れやすいは出現頻度約75%、体重減少は同67%、高熱は同80%と多くの場合に出ています。


症状3
冷気に当たったり緊張すると、手の指が白くなったり紫色になり、手の指の皮膚が浮腫み、皮膚が硬くなり、腫れてソーセージのようになって指が動かし難くなる。
腫れが引くと、皮膚が黒ずみ、薄くなって傷つきやすくなる。
皮膚が硬くなる症状は腕や胸、顔に広がることがある。
食べ物が飲み込み難くなる。
胸焼けやげっぷが出やすい、消化不良や便秘、下痢が起こりやすい。
息切れ、呼吸困難が起こりやすい、咳が出やすい、息苦しい、脈が乱れる。
高血圧になる。
考えられる膠原病
強皮症(全身性硬化症) 略称SSc
20から60歳代の女性に多い。
組織が繊維化して硬くなる病気で、症状が出た臓器の異常が出ます。
先ず、指に症状が出ることが多い。

症状4
筋肉の力が落ちて、立ち上がることや階段の昇降が大変になる。
食物が飲み難い、声が出難くなる。
眼が腫れぼったくなる。
顔に紅斑が出る。
冷気に当たったり緊張で指先が白くなったり紫になったりすることがある。
関節が痛む。
呼吸がし難くなる。
発熱する。
考えられる膠原病
多発性筋炎・皮膚筋炎(PM・DM)
小児と40歳代以上の女性多い。
全身の筋肉(横紋筋:心筋以外で意思で動かせる筋肉)に炎症が起こる病気なので、異常になった筋肉の部分に症状が出ます。



スポンサーリンク

症状5
眼が乾く(涙の分泌が少ない)ために、ドライアイと同様の症状になる。
乾いた物が食べ難い(唾液の分泌が少ない)。
消化不良などの消化器の症状が出る。
手指の関節の強張り、痛みがある。
冷気に当たったり緊張でレイノー症状(指の先が白くなったり紫になる)が出る。
脚に紫の斑点が出る。
考えられる膠原病
シェーグレン症候群(SJS)
発症した患者の80%弱が40から60歳代で、女性に多いです。
他の膠原病と合併することが多いですが、眼が乾くだけの症状もあります。


症状6
肘、膝、足、股関節などの大きな関節の痛み(痛む関節は移動する)と高熱が出る。
脈が速くなる、動悸がする、息苦しくなる。
輪状の紅斑が出る(痛みや痒みは無い)。
皮下に小さなシコリが出ることがある。
考えられる膠原病
リウマチ熱(RF)
小児に多い。
A群ベータ溶血性連鎖球菌の感染が原因なので治療は抗生物質を投与します。


症状7
突然、発熱し、夕方から夜間に掛けて39度台の高熱が続くが、翌朝には平熱近くまで下がるを繰り返す。
高熱のピークは日に2度起こることもある。
子供の場合は熱が下がっているときは元気なことが多い。
関節が痛み、発熱時は特に痛む。
直径数ミリのピンク色の斑点が皮膚に現れる、痒みは無い。
喉の痛みや、リンパ節が腫れることもある。
考えられる膠原病
スチル病
子供に多いが、成人も発症する。
慢性化すると、関節リュウマチのように骨にも異常が現れてくる。


スポンサーリンク








プライバシーポリシー