病状を改善する栄養素 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 自由研究

⇒ 気になる病気の自己診断

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

甲状腺機能亢進症には甲状腺と下垂体などに腫瘍が出来ることによって起こる プランマー病 甲状腺刺激ホルモン産生腫瘍 と自己免疫疾患と考えられている バセドウ病(パセドー病) があります。
しかし、甲状腺機能亢進症の99%はバセドウ病です。

バセドウ病は血液中に甲状腺刺激物質である抗体が増え、甲状腺が活発化し甲状腺ホルモンが増えすぎる病気です。

発病は20歳代30歳代が多く、女性の発病者は男性のそれの4,5倍です。

甲状腺機能亢進症の症状


甲状腺機能亢進症の治療法

  






プライバシーポリシー