病状を改善する栄養素 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 自由研究

⇒ 気になる病気の自己診断

虹彩炎・虹彩毛様体炎

虹彩は眼の瞳の周りの茶色の部分。
毛様体はレンズの役割をする水晶体の厚みを変える筋肉状のもの。

虹彩炎
原因不明のものが多いが、細菌が眼に直接入って起こるもの。
身体の他の部位にある細菌が血液によって眼に運ばれて感染して起こるもの。
眼組織のアレルギーや免疫反応して起こるものがある

虹彩炎の症状
目の強い痛みがある。
光を眩しく感じる
白目の部分がピンク色に充血する。
瞳の大きさが小さくなる。

虹彩炎の治療法
虹彩炎になると虹彩と水晶体が癒着するので瞳を広げる。
炎症を抑えるために副腎皮質ホルモン剤の点眼する。
原因が眼以外にある場合はその治療もする。

虹彩炎が長引くと、白内障や 緑内障 になったり、脈絡膜や硝子体にまで病変が及ぶことがある。
*脈絡膜は網膜の外側にある膜(光線を遮り、網膜に栄養を供給する)。
硝子体は水晶体と網膜の間にあるゼリー状の透明な部分で眼球の形を保つ


虹彩毛様体炎(ブドウ膜炎)
ブドウ膜とは、虹彩、毛様体、脈絡膜の3つを合わせたものを言う。

症状と発病する原因は虹彩炎と同じだが、ベーチェット病やサルコイドーシス病、フォークト・小柳・原田病、リウマチ、結核などによって起こることがある








プライバシーポリシー