身近な自然と科学

ホーム

クローン病(限局性回腸炎)とは

クローン病は、小腸、大腸の全層(粘膜下組織、筋層、漿膜)をおかす病気です

具体的には、腸に潰瘍が出来る、腸壁が厚くなって内腔を狭くする、他の臓器との癒着する、腸に孔をあけるなどです。
小腸だけ、大腸だけ、小腸と大腸の両方をおかす3種類がありますが、両方をおかすものが半数以上です。
原因は、精神的因子、免疫異常、細菌やウイルスの感染説などがありますが不明です。
10〜20代の男性にやや多いですが、子供も発症します。

クローン病の症状

クローン病の検査法

腸に造影剤を入れてのエックス線撮影や、大腸ファイバースコープを入れて組織を採取して病理検査をします

クローン病の治療法

薬物療法は殆ど効果が無く、半数以上は病変部を切除手術しますが、その内25%ほどは再発してしまいます。
食事は、腸の負担を軽減するために、高カロリー、高蛋白、ビタミンが多いものを摂るようにします。

クローン病の治療に用いられる漢方薬

内托散(ないたくさん),半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう),安中散(あんちゅうさん)




⇒ 身近な自然と科学サイトマップ

プライバシーポリシー