身近な自然と科学

ホーム

就寝時に眠れないほどの咳と痰が出る,慢性気管支炎

慢性気管支炎の発症原因

急性気管支炎が長引いたものでは無く、有毒ガスを長期間吸い続けるとなるといわれています。
また、蓄膿症やインフルエンザなどのウィルス感染の繰り返しなど、慢性的に気管支に炎症が起きているとなりやくなります

慢性気管支炎の症状

痰と咳が出ます、特に就寝後に眠れないほど出ます。
痰は最初は透明の粘液性で悪化すると黄色になります。

慢性気管支炎の治療方法

痰を溜めない、細菌感染を防ぐことが大切なので、粘性の強い痰が出る場合は粘液溶解剤やタンパク分解酵素を投与します

慢性気管支炎の予防方法

マスクなどをして埃や冷気の侵入を防ぎ、タバコを止め、刺激のある食べ物を控えます

急性気管支炎に効く漢方薬

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう),麻黄湯(まおうとう),小柴胡湯(しょうさいことう),小青龍湯(しょうせいりゅうとう)
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう),柴朴湯(さいぼくとう),麦門冬湯(ばくもんどうとう)




⇒ 身近な自然と科学サイトマップ

プライバシーポリシー