身近な自然と科学

ホーム

めまいと病気,ふわふわする眩暈は危険

めまいを引き起こす原因を探るために自覚症状から大まかに分ける

  1. 回転している感じがする眩暈(回転性)
    ⇒抹消性めまい:原因は前庭迷路系(耳や眼などの感覚器)の異常が多い
  2. ふわふわ、ふらふらする眩暈(浮動性・動揺性)
    ⇒中枢性めまい:原因は脳の異常が多い
  3. 目の前が真っ暗になって失神してしまう感じがする眩暈(失神性)
    ⇒失神と同じですが、意識があるので眩暈として感じます
診断で見逃せないのは、上記の「2」の浮動性・動揺性のめまいです。
このめまいを引き起こす病気は

主に、回転性のめまいが出る病気

めまい、発熱、頭痛、悪心、項の硬直がある。
運動障害、眼球運動障害が出ることもある

⇒脳炎・脳膜炎の疑い
髄膜炎

回転性のめまいが数十分〜数時間続く。
吐き気、嘔吐、耳鳴り、難聴、 繰り返して起こる

⇒メニエール病の疑い
めまいが起きたときには安静にします。
メニエール病では命に関わることはありません。

突然、めまいが起こり、片方の耳の難聴、耳鳴りを伴う
めまいは、数日〜数週間続き、繰り返して起きない

⇒ 突発性難聴の疑い
直ぐに治療しないと耳が聞こえなくなってしまうので、難聴になった日時をメモして1時間でも早く耳鼻科に行く必要があります。 専門医の治療を1時間でも早く受けるほど快復します。

めまい、片側の顔面神経麻痺、同側の耳の難聴・耳鳴り
耳介から外耳道に湿疹が出る

⇒ Ramsay Hunt症候群の疑い
Ramsay Hunt症候群は帯状疱疹ウイルスによる耳性帯状疱疹
帯状疱疹

めまい、難聴、耳鳴り、真珠腫性中耳炎の既往がある

⇒ 内耳炎の疑い

めまい、難聴、耳鳴り、 薬剤を服用している(抗生物質、抗結核薬、抗腫瘍薬、抗ケイレン薬)

⇒ 薬剤性めまい

めまいだけで難聴や耳鳴りを伴わない(吐き気があることもある)
めまいは頭を動かすと起き、数分で治まる

⇒ 良性発作性頭位めまいの疑い
めまいの原因を参照
良性発作性頭位めまいが発症原因は、位置を感じる耳石の位置が動いたものです。心配要らないめまいで、耳石を元の位置に戻す治療法があります。

風邪症状の後の眩暈で、難聴・耳鳴りを伴わない
数日で回復する

⇒ 前庭神経炎の疑い
めまいの原因を参照

耳鳴りや難聴を伴わないめまい
乱視や眼筋麻痺がある

⇒ 眼性めまい

精神的疾患の既往があり、他の原因病変が見つからないときは心因性のめまいの疑い

失神性のめまいは、下記の場合に起こります



⇒ 身近な自然と科学サイトマップ

プライバシーポリシー