病状を改善する栄養素 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 自由研究

⇒ 気になる病気の自己診断

滲出性中耳炎

鼓膜から常時滲み出ている液体が耳管から排出されずに中耳内に溜まってしまう病気です。

滲出性中耳炎の症状
耳が詰まっている感じがする。
自分の声が耳の中で響いている感じがする。
軽い難聴になる。
耳鳴りがする。
頭を振ったときに水音がする。
滲出性中耳炎だけでは痛みや発熱は無いですが、急性中耳炎を併発していると痛みや発熱も起きます。
滲出性中耳炎だけでは耳から膿は出ませんが、慢性化膿性中耳炎などを併発しているときには膿が出ます。

子供のときから滲出性中耳炎や急性中耳炎を繰り返していると、コレステリン肉芽腫が発症することがあります。
⇒コレステリン肉芽腫

滲出性中耳炎の治療法
原因の一因になっている上気道炎や鼻炎、扁桃炎があれば治療します。
耳管が狭くなっているときにはこの治療をします。
⇒耳管狭窄症

滲出性中耳炎が軽度のときは、鼓膜を切開して中耳内に溜まっている液体を抜きます。
鼓膜を切開して液体を抜いただけでは完治が見込めない場合は、シリコンなどで出来たチューブを鼓膜に挿して、そのチューブから内耳の液体を外耳に排出する方法をとります。

長期間、内耳に液体が溜まっていた場合には、聴力や耳小骨などの検査を行う必要があります。(長期間溜まっていた液体は黒っぽく、短期間のそれは黄色っぽい)

溜まっている液体に化膿菌などが見つかった場合は抗生物質の点耳や服用をします。

滲出性中耳炎の予防
風邪や喉の炎症などで中耳炎になりやすい人は風邪などを引かないように気をつけます。
他の耳の疾患によっても発症するので耳の疾患は症状が気にならなくなっても完治させる必要があります。








プライバシーポリシー