身近な自然と科学

ホーム

浮腫みと病気

瞼を中心に顔から浮腫み始め、全身が浮腫んできた

ネフローゼ症候群などの腎臓病による浮腫みの疑いがあります。
腎臓は血液中から老廃物をとって水と一緒に尿として排泄しています。
腎臓の機能が低下すると、タンパク質(アルブミン)が尿中に出てしまうので逆に水分が細胞間に溜まって浮腫みが出てきます。
腎不全
腎炎

足首付近から浮腫み出して全身が浮腫んできた。運動すると、動悸や息切れがする。或いは、就寝中に苦しくなる

心臓病による浮腫みの疑いがあります。特に足首付近の浮腫みには注意が必要です
血液を全身に巡らせる機能が低下すると、血液が肺や静脈にうっ血して浮腫みになります。
心臓がドキドキする、動悸がする
不整脈が起こる病気

お腹が常時張って、全身が浮腫んできた

腹水が溜まっている疑いがあります。
肝硬変

顔が浮腫んできた(顔が腫れぼったい)

甲状腺機能低下症の疑いがあります。この疾患では
甲状腺機能低下症

顔が浮腫んできた(顔が満月のように腫れ、艶がある)

クッシング症候群の疑いがあります。
副腎質ホルモンのひとつである糖質コルチコイドが過剰に増えることによって起こります。
糖質コルチコイドが増える原因は副腎内にできる線腫(稀に癌のことがある)で、高血圧になる、 傷が治り難い、抵抗力が落ちる、腎結石や糖尿病になる危険性が増します。
腎結石
糖尿病

突然、瞼が膨らみ、数分で治る

血管神経性浮腫(クインケ浮腫)の疑いがあります。
この疾患は、血管の神経が過度に過敏になり、血管の透過性が増して起こります。
瞼の他、胃や喉の粘膜が腫れることがあり、胃の粘膜の場合には、嘔吐、腹痛、下痢などが起きます。
喉の粘膜の場合は呼吸困難に陥ることがあります

顔が浮腫み、顔色も悪い。だるい

鉄欠乏性貧血が酷くなった状態

(女性)浮腫み、朝夕で体重が数キロ変動する

突発性浮腫の疑いがあります
原因不明です。

脚の浮腫み,ふくらはぎを圧すと痛い

脚の静脈弁不全の疑いがあります。
静脈には血液の逆流を防ぐために弁があり、この弁が正常に機能しない疾患です




⇒ 身近な自然と科学サイトマップ

プライバシーポリシー