身近な自然と科学

ホーム

排尿回数、排尿痛、尿の色の変化と病気

乳幼児の尿の色については
乳幼児の肝臓病の症状を参照
いつも色の薄い尿しか出ず、過去に足指(または、手指、膝、肘)が非常に痛かったことがあるは
痛風の症状も参照

尿に関する症状と病気

排尿回数が多い

膀胱神経症の疑いがあります(膀胱が過敏で尿意をもよおす)
男性の場合は⇒前立腺肥大の疑いがある

尿量・排尿回数が多い。多量の水を飲む

疑いのある病気

尿量が激減する

疑いのある病気

尿が出ない、出難い

疑いのある病気

尿が濁る

*尿中に含まれている尿酸塩で濁る場合がある。(尿酸塩は沈殿する)
疑いのある病気

尿の色の変化と病気

薬の服用時に変わったのは異常では無い。
(ビタミン剤服用で黄色、下剤の服用で赤色など)
運動後や水の摂取量が少なかったときには尿が濃縮されて黄色や橙色、褐色などになるが異常では無い

尿の色が非常に濃い黄褐色で、泡まで黄色

黄疸の疑いあり
尿に血液が混じって色が付いているように見えることがある。
血液の検査テープで判別できるが、女性の場合は病気で無いのに血液反応が出る場合が多いので注意

乳白色・牛乳様の尿が出る

黄褐色から茶褐色の尿が出る

緑黄色または濃い茶色の尿が出る(その数日後に黄疸が出る場合がある)

⇒肝臓病 の疑い
肝炎

赤色の尿が出る

⇒尿路系の結石・腫瘍・炎症

紅褐色の尿が出る

赤褐色の尿が出る。発熱、食欲不振、疲労などの症状(その数日後に黄疸が出る場合がある)

⇒A型肝炎の疑いがある
肝炎

赤褐色の尿が出る。脂物を食べた後に腹や背中上部が痛む

⇒胆石症の疑いがある

暗褐色から黒色の尿が出る

→黒色腫、アジソン病の疑いがある
アジソン病詳細

血尿(血液が混じった尿)と病気

排尿の始めに血尿が出る

⇒尿道炎の疑い

排尿の始めから終りまで血尿が出る

膀胱癌の疑い

排尿の始めから終りまで血尿が出る。腰痛、腹痛、発熱がある

→ 腎腫瘍の疑い

排尿の始めから終りまで血尿が出る。強い腹痛がある。石が出ることがある

→ 尿管結石の疑い

排尿の始めから終りまで血尿が出る。尿量が減る。顔が浮腫む。血圧が高くなる。血尿の他に尿にタンパクがみられる

腎炎の疑い

排尿の終りに血尿が出て、痛む。残量感が残る

膀胱炎の疑い

膀胱炎に効く漢方薬

排尿の終りに血尿が出る。排尿に時間が掛かる。頻尿になる

⇒前立腺癌・前立腺炎

排尿の終りに血尿が出る。石が出ることがある

→ 膀胱結石の疑い

腰痛、腹痛がある

→ 腎結核、腎梗塞の疑い

血尿以外の症状が無い

→ のう胞腎(尿毒症の原因になる)、遊走腎の疑い

尿の臭いと病気

甘酸っぱい臭いがする尿

糖尿病の疑い

かび臭がする尿

⇒ フェニルケトン尿症の疑い

ホップ臭がする尿

⇒ メーブルシロップ尿症の疑い

アンモニア臭がする尿

⇒ 膀胱炎、尿道炎など




⇒ 身近な自然と科学サイトマップ

プライバシーポリシー