病状を改善する栄養素 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 自由研究

⇒ 気になる病気の自己診断

乳癌の自己診断

症状1
腫れている、熱を持っている、痛い。
発熱・悪寒・悪寒、食欲不振、倦怠感がある。
考えられる病
乳腺炎

乳腺炎の治療法

軽度のものは十分乳を出す。
細菌が感染しないように清潔に保つ。
痛みが出たり、赤く腫れたら医師の診断を受けること(炎症性乳癌の場合もある。 癌細胞でリンパ管が詰まって赤くなる)
細菌感染が起きてしまった場合は患部を冷やして抗生物質を使う。
→民間療法・漢方薬


症状2
触れてもはっきりしないが指で挟むと しこりがあるのが判る。
しこりは卵大で柔らかく、痛みがある、皮膚が引きつったりしない。
考えられる病
乳腺症

乳腺症は30代後半から40代前半に多く発症する。
また、分泌物が出ることがある

乳腺症の治療法

軽度なものは経過観察。ガンに移行することは稀。
痛みが強いときは鎮痛剤を服用


症状3(二十歳前後の女性)
硬貨ぐらいの大きさの硬いしこりがある。
しこりの境がはっきりしている。しこりの表面は滑らか。
しこりは触るとよく動く。痛みは無い。
考えられる病
繊維腺腫(良性)

繊維腺腫の治療法

大きさが2,3cmでとまったり、自然に小さくなることがあるのでしばらくは様子を見る。
大きさが3cmを超えるときは局所麻酔でしこりを摘出する。


症状4

しこりは、手の親指以外の4指をそろえ、指の腹の部分を使って乳とうから周辺部にかけて渦巻きのように触りながら見る
考えられる病
乳癌の可能性
がある。


乳がんの特徴








プライバシーポリシー