病状を改善する栄養素 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 自由研究

⇒ 気になる病気の自己診断

パーキンソン病

パーキンソン病の発病率は約0.1%
中年以降の男性に多く、40から50代に発病することが多い。

パーキンソン病の症状

パーキンソン病の発症原因

無意識の内に筋肉の緊張や運動を調整している錐体外路性神経核中の、ドーパミンというアミノ酸が減少し、逆にアセチルコリンが増加するために起こる。
パーキンソン病と同じような症状を表すものをパーキンソン病症候群と呼び、原因となるものには、脳炎の後遺症、脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷、中毒などの後遺症がある。

パーキンソン病の治療法

主に薬によるが、震えが酷いときには脳の手術(定位視床手術)を行う。
薬には、L-ドーパ、アマンタジン、パーロデル・ドプスなどがある。

パーキンソン病に効果のある漢方薬








プライバシーポリシー