サイトマップ >

呼吸に合わせて疼く,胸が締め付けられる発作的激痛,肋間神経痛

肋間神経痛とは

肋間(ろっかん)というのは、心臓や肺を守っている、胸の肋骨(あばら骨)の間のことです。
肋間にはあばら骨を結ぶように内外に 二層の筋肉があり、外側の筋肉は肋骨を引き上げて肺に空気を送り込みます。内側の筋肉は肋骨を引き下げて肺から空気を出します。
肋間には筋肉の他に、脊髄から出た神経が胸の中央に向かって伸びています。肋間神経痛はこの神経が痛むものです。
肋間神経の支配領域は、上肢から腹部、背部は肩甲骨付近から腰までです。

肋間神経痛の症状

肋間神経痛の原因

肋間神経痛の治療法







プライバシーポリシー