身近な自然と科学

ホーム

知っておきたい病気と症状の知識 ⇒

紫斑病とは

皮下出血が多発することによって、皮膚に紫色の斑点が出来る病気です。
健常人でも強打すると皮下の毛細血管が傷んで出血して皮膚の色が変わりますが、紫斑病の場合には軽く打っただけ、或いは自分では気づかない内に皮下出血して紫斑が出来ます。
物に触れる部分の皮膚に出来やすいですが、日焼けしないような部分にしばしば現れる場合には病的な可能性が高いので医師の診断を仰ぐ必要があります。

紫斑の大きさは針で突付いたぐらいなものから手のひら大より大きいぐらいまで様々です。
色は初めは赤味を帯び、次第に紫色に変わり、2,3日後には茶色・黄色になって消えます。
これは、血管から漏れ出て邪魔物となってしまった血液が壊れて或いは壊されて、吸収されていく様です。

紫斑病の原因
血管に原因あるもの
(血管が傷みやすくて出血しやすい)

血液に原因があるもの
(出血した血が止まり難い)

紫斑病の治療法

紫斑病の治療に使われる漢方薬
排膿散(はいのうさん)、温清飲(うんせいいん)
黄連解毒湯(おうれんげどくとう) きゅうききようがいとう






プライバシーポリシー