サイトマップ >

腎炎,感染症発症後から1〜3週間後に発症することが多い

尿が作られる過程

糸球体とは、腎臓にある血液濾過器の最小単位。
糸状の細い毛細血管が糸鞠の様になり、その周りには尿管の先(ホーマン嚢)がある。
血液が糸球体を通過するときに、水分、栄養素、毒素はホーマン嚢に移動する。
ホーマン嚢に移動した液体の中から必要な水分や栄養素は細尿管で吸収されて血液に戻り、残った老廃物が腎盂に集められ尿として排泄される。


急性腎炎

腎臓の糸球体の炎症
扁桃炎や咽頭炎、しょう紅熱、亜急性細菌性心内膜炎、化膿性疾患、リウマチ熱、膠原病、肺炎、インフルエンザなどの後、1から3週間後に発症し、小児が最も発症しやすいが他の年代でも発症する。
ベータ溶血性連鎖球菌に感染後の抗原・抗体反応による免疫複合体反応によって発病するらしいが、感染した人全てが発症するわけではないので、体質が影響しているらしい。

急性腎炎の症状

急性腎炎の治療法

ステロイド剤や免疫抑制剤、浮腫みがあるときは利尿剤を使用する。
保温して絶対安静にする。血管の緊張が低下して腎臓への血流が増え、腎機能が回復する。
完治する場合でも 1,2ヶ月掛かる


慢性腎炎(慢性糸球体腎炎)

最も多いのは、腎臓の糸球体に血液のタンパク質が沈着するIgA腎症。 IgA腎症の多くは自覚症状が無い。
10〜40代に多い。
大多数は自覚症状が無い。

潜在型

ネフローゼ型

高血圧型

反復型

進行型

慢性腎炎の治療法

急性腎炎の治療法に順ずるが特効薬は無い。
腎臓の機能が10%以下になると透析を考えることになる。


腎炎に効果のある漢方薬

五苓散(ごれいさん),八味丸(はちみがん),当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん),猪苓湯(ちょれいとう),柴苓湯(さいれいとう),牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)






プライバシーポリシー