身近な自然と科学

ホーム

食道癌の自覚症状と予防法

食道癌になりやすい人の特徴

食道癌の種類

食道癌の出来やすいところ

食道癌の初期症状

他の癌同様に初期では症状が出ないことが多い
症状が出たときは食道の内皮が爛れている
症状の程度はそれが気になって生活に支障をきたすほどではない
症状は、和らいだり、収まってしまうことがある

進行期の食道癌の症状

食道癌の検査

食道癌の治療法

食道粘膜上(ごく浅い部分)の癌では内視鏡で切除するだけで十分な場合が多い
癌の進行度合いにより、化学療法や温熱療法(癌細胞は熱に弱い)を併用する
病変が大きくなっている場合は外科手術を行う。

食道癌の予防法

癌細胞は遺伝子のコピーミスで起こり、細胞がアルコールや熱、 有害物質に弱いのは明らかなので、 特に強いアルコール、熱い飲食物、喫煙を避け、 少しでも遺伝子のコピーミスが起きないように細胞を刺激しないこと





⇒ 身近な自然と科学サイトマップ

プライバシーポリシー