病状を改善する栄養素 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 自由研究

⇒ 気になる病気の自己診断

膵炎

膵炎の原因
大食(特に脂肪)やアルコールによって胃や十二指腸が刺激され、 そのために膵液の分泌が多くなるためと考えられている。
この膵液が逆流して膵臓が消化されると、膵臓が壊死状態になり、ショック状態になる。
また、胆管の狭窄などが、膵液の逆流の誘引になることがある。

⇒膵臓癌詳細
⇒ショックとは


急性膵炎

急性膵炎の病状

急性膵炎の対処法
絶対安静にして腹部を冷湿布し、痛みを和らげ、ショック状態に陥らないようにする。
水は飲ませない。
ショック状態になるのは膵臓が壊死することによって膵液が血液に入るためと考えられている。
急性膵炎では死亡することがある。


慢性膵炎

慢性膵炎の症状

慢性膵炎では、膵臓に炭酸カルシウムが沈着して一部が石灰化する。
膵臓が石灰化すると、膵石症と呼ばれる。
食事は脂肪分を制限し、消化剤や、胃液の分泌を抑える薬を服用する。


膵炎に効く漢方薬
柴胡桂枝湯(さいこけいしとう) 大柴胡湯(だいさいことう)
芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう) 小建中湯(しょうけんちゅうとう)
安中散(あんちゅうさん)








プライバシーポリシー