病状を改善する栄養素 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 自由研究

⇒ 気になる病気の自己診断

幽門狭窄症

幽門とは胃から腸への出口で、胃から十二指腸へ食物を送るときだけ開きます。

幽門部は細いのですが筋肉が発達して壁は厚く、内面には溝がたくさんあります。
(幽門の反対側、胃の入り口は噴門です)
幽門狭窄症は、元々狭い幽門部の壁が厚くなって塞がってしまうために胃から十二指腸に食物が通らなくなる病気です。
幽門狭窄症になる原因は不明で、赤ちゃん1万人あたり2人ぐらいの割合で発症しています。
発症は、生後2〜3週間以降です。


幽門狭窄症の症状
ミルクなどを満腹に飲んだ直後に噴水の様に口から吐き出します。
出口が塞がってしまった胃なのでスポイトの様に胃の内圧で入り口から噴出すわけです。
噴門弛緩症(胃の入り口が緩む)ではダラダラと嘔吐するので異なります。
幽門狭窄症では満足に栄養が摂れないので体重が減少しす。


幽門狭窄症の治療
軽度の場合は薬剤治療で様子をみますが、多くは外科的方法で幽門部を広げます。
難しい手術ではありません。








プライバシーポリシー