身近な自然と科学

ホーム

知っておきたい病気と症状の知識 ⇒

突発性発疹

突然、39〜40度の高熱が出ますが、赤ちゃんは元気です( 突発性発疹の特徴 )
熱は、3〜4日で下がりますが、次いで、全身に小さな赤い発疹が現れます。
発疹に痒みはほとんどありません。
発疹は、2〜3日で消え始め、痕は残りません。

熱性痙攣や下痢を起こすことがあります。


突発性発疹の原因 は、ヒトヘルペス6型ウイルスによる感染症で、生後6ヶ月〜1歳ぐらいの赤ちゃんが罹ります。
感染力は弱く、軽い風邪症状で済む場合も多く、一度罹ると二度は罹りません。


突発性発疹の治療法
特効薬はありません。
頭や身体を冷やし、ミルクや果汁、白湯、麦茶などで水分補給をします。
入浴は発疹が消えるまで入らないようにします。






プライバシーポリシー