病状を改善する栄養素 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 自由研究

⇒ 気になる病気の自己診断

乳幼児の耳の病気

急性中耳炎

中耳は鼓膜の内側の空洞です。
乳幼児の中耳炎は、風邪や麻疹などの感染症の後に発症することが多いです。
というのは、鼻と中耳腔を結んでいる耳管が短いために、喉や鼻で増殖した細菌が中耳腔に広がりやすいからです。
耳に水が入っても鼓膜の内側には水が行かないので、お風呂やプールが原因で中耳炎になることはありません。

急性中耳炎の症状

風邪などの感染症の後に38度以上の熱が出る
耳が痛くなる

急性中耳炎の治療法

初期では抗生物質の服用で完治します。
膿があるときには鼓膜を切開して膿を出します。


外耳炎

外耳は耳の孔の鼓膜までを言います。
外耳炎は耳の孔に出来た傷や湿疹などで炎症になったものです。

外耳炎の症状

熱が出て、強い痛みがあります。
乳児では痛みを表現出来ないので、耳に触れただけで泣いたりします。

外耳炎の治療法

抗生物質の服用し、炎症部分に軟膏を塗ります。
化膿して膿が出ているときには切開して膿を除きます。








プライバシーポリシー